士業の難易度から資格を選ぶ

士業というのは、サムライ業ともいい、高度な専門知識を持つ国家資格となります。
代表的な資格は、弁護士、司法書士、税理士、行政書士などといったとこです。
そして、この士業は、希少価値が高く、一般的に先生と言われる職業です。

しかし、その反面とても難易度の高い試験で、合格率がわずか1桁台という
資格も珍しくありません。 そのため、士業を目指そうにも、中々試験に合格することが出来ず、
苦しんでいる方が多くいます。

そこで、このサイトを立ち上げました。

このサイトでは、各人気士業の難易度はもとより、あなたがどの士業を目指すべきなのか
解説していきます。
どんなに魅力的な士業であれ、試験に合格できなければ意味がありません。

例えば、弁護士、司法書士、税理士などは、試験に合格するまで、何年もの歳月が必要で、
それこそ仕事を辞めて勉強に専念することが必要です。

しかし、そんなことを出来る人は極まれで、多くの方が学生時代から勉強に専念し、
試験合格を狙っています。

また、例えそうした試験に合格出来たとしても、仕事が充実しているとは限りません。
現に、今は弁護士や公認会計士でも仕事がない時代です。

そのような状況で、何年も歳月をかけて試験に合格しても意味がありません。
ですから、士業を選ぶ際は、試験の難易度と仕事の需要のバランスが重要なのです。

このサイトに訪れてあなたは、何かしらの興味をもって士業に興味を持っていることと思います。 法律の仕事に興味あったり、将来に備えて手に職を持ちたいと思ったり、人それぞれです。

しかし、どんな目的があるにせよ、最終的にはお金や仕事、生活が安定し、
自分の人生を豊かにするためだと思います。
そのために最適な士業をこのサイトで見極めてほしいと思います。
必ず、最後までお付き合い下さい。