中小企業診断士の年収や仕事について

中小企業診断士の難易度がわかれば、次に仕事や年収について紹介していきます。
中小企業診断士に興味があれば、是非ご覧下さい。

まず、中小企業診断士の仕事ですが、依頼をしてくれた企業のために経営状態を調査・分析し、改善等を目標にさまざまな提案を行います。経営や財務に関する内容が中心になることが多いですが、法務や労務、会計といった見地から診断や提案を行うこともあります。
中小企業診断士は、人員をはじめ予算やコネクションほか、あらゆるリソースが少ない中小企業のために、その企業が目指したほうがいい方向性を示すために設けられた資格だということです。
責任が重い仕事ですが、やりがいは途方もなく感じられます。経験と実績を積めば、さまざまな企業のために活躍できたり、あるいはひとつの会社を大成功に導いたりといった展開も夢ではありません。

次に年収ですが、これは働き方によって道が分かれるはずです。社会保険労務士と共通する点ですが、中小企業診断士は企業に社員として雇われて、内部からその1社のために仕事をする場合(この場合は、「大企業」で就業する可能性が高くなるのですが)もあれば、独立・開業して複数の企業の顧問役を務める場合もあるからです。また、複数の中小企業のためにサービスを提供する組織に入って働くという手も(目立ちませんが)あります。

現在は、企業内中小企業診断士が圧倒的に多いという意見がありますが、安定志向の合格者が多いという見方もできるでしょう。いずれにしても、企業に就職するのなら、年収はその企業の給与体系に準ずることになります。平均値を出すことは難しいですが、500~700万円程度でしょう。もちろん、勤務年数や昇進しだいで給与は上がります。幹部社員になれば800万円以上もじゅうぶんにあるはずです。

いっぽう、数少ない独立・開業型の中小企業診断士ですが、平均収入はもっとわかりづらくなります。看板をいちおう出したものの、いろいろな原因から結局仕事をしていない人もいます。それとは逆に、大成功を遂げている猛者もいます。こうした猛者であれば、1000万円クラスもあるわけです。この道一本でがんばって、数ヶ月~数年くらいをかけて仕事を軌道に乗せた人であれば、400~600万円くらいが相場でしょう。しかし、実績が増えれば随時年収が大幅に伸びる可能性があります。数年、あるいは10年以上かけて、じわじわとキャリアや年収をアップさせていくのは、代えがたい喜びとなるものです。ぜひ、目指してほしいと思わずにいられないですね。