ファイナンシャルプランナー(FP技能士)の仕事と年収について

ファイナンシャルプランナーの難易度がわかれば、次に仕事や年収について紹介していきます。
ファイナンシャルプランナーに興味があれば、是非ご覧下さい。

ファイナンシャルプランナーの仕事は主に、保険、不動産、銀行などの業界で活躍し、
金融の専門知識を活かし、各家庭のライフプランを提案致します。

具体的な例を出すと例えば、顧客が住宅を購入したいとします。

その時考えなければいけないのが、収入と支出ですが、そこには様々な要因があります。
例えば、将来の教育費、税金、保険など色々なことが考えられます。
また、現在の経済の動向から、もしかしたら将来収入が下がっていくかも知れません。
それらのような事を考え、どのくらい費用が出せるのか、頭金はいくらか、月々どのくらいなら支払えるのか、どのくらい銀行から借り入れられるのかなど
様々なことを考慮して計画を立てる専門家がファイナンシャルプランナーです。

一見誰でもできるように思えますが、複雑な法律や制度が沢山あり、素人ではわからないことが沢山あります。
何の知識もない素人がこのようなことを考えると、一時期社会問題になった住宅ローンが払えないという状況になります。
ですから、専門家であるファイナンシャルプランナーが必要なのです。

次に年収ですが、ファイナンシャルプランナーの年収も正確なところはわかりません。
何故なら、ファイナンシャルプランナーの多くは、企業に就職して仕事をするので、
年収はその企業によってまちまちだからです。

しかし、ファイナンシャルプランナーはあくまでも金融業界で仕事をするので、
この業界はどんなに不況と言われても、やはり年収が高いのが特徴です。

個人的な意見を言わせてもらうと、
平均年収700万円くらいはあるのではないのでしょうか!

また、ファイナンシャルプランナーは企業に就職するだけではなく、
独立開業することもできる士業です。
それほど数が多いわけではありませんが、年収1千万円以上稼ぐ ファイナンシャルプランナーも増えていると聞きます。

特に最近では不況の影響でファイナンシャルプランナーへの問い合わせが増えていて、
今旬の士業といっても良いと思います。