行政書士の年収や仕事について

行政書士の難易度がわかれば、次に仕事や年収について紹介していきます。
行政書士に興味があれば、是非ご覧下さい。

行政書士の仕事は、行政書類(官公署に提出する書類)の作成・提出を行ないます。
具体的には、 「飲食店の営業許可」「会社設立に関する書類」「建設業の許可」「相続関係の書類」 「自動車関係の書類」など1万種類以上を取り扱う事が出来ます。
そして、こられのような書類を企業や個人から請負、代理で手続きをしていくのです。

ですから、日常の基本業務は、クライアントとの打ち合わせと書類作成になります。

ただ、このように言ってしまうと、それだけで本当に稼げるの?とか
生活していくだけの収入を得る事が出来るのか?という質問を良くされます。

しかし、短期間で大きく稼ぐと言う意味では、今回紹介した士業の中では最も高く、
紹介していない士業にも引けを取りません。

現に表には出ていないので、あまり知られていませんが、
年収2千万~3千万はザラで、中には5千万円以上稼いでいる行政書士もいます。

しかし、公共機関が正式に行政書士の年収を調査した事がなく、
稼げる資格というイメージがあまりありません。
もしかしたら、このサイトを見てくれているあなたもそう思っているのではないでしょうか?

しかし、行政書士は稼ぐポテンシャルが高い士業です。

その理由としては、毎年仕事の需要が増え、職域が広く、ありとあらゆる人が顧客になる可能性があるからです。

冒頭で、現在行政書士は1万種類の書類を扱えると言いましたが、
実は10年前は5000種類しか扱えませんでした。

そのくらい行政書士の取り扱える書類は、毎年増え続け、
1万種類も取り扱えるということは、まだまだ開拓されていない分野も多く、
これからでも十分に参入することが出来ます。

また、顧客のターゲットも広く、個人・法人問わないので、
とてつもなく大きなマーケットでもあります。

ですから、行政書士は稼げないとか、仕事がないというような
信憑性のないインターネットの情報に惑わされないで、
興味のある方は、是非行政書士を目指して下さい。