行政書士のリアルな難易度

行政書士は、数ある士業の中でも人気があり、受験者も多い資格です。
しかし、難易度は高く合格率も低くなります。

まずは行政書士の合格率をご覧下さい。
平成17年度 2.62%
平成18年度 4.79%
平成19年度 8.64%
平成20年度 6.47%
平成21年度 9.05%
平成22年度 6.60%
平成23年度 8.05%
平成24年度 9.19%
平成25年度 10.10%

行政書士の合格率を見れば、難易度が高いのは一目瞭然です。
問題は、知識がまったくない方が行政書士に挑戦して合格できるということです。
さらに一発合格しなくてはいけません。

結論から言うと、行政書士は十分に合格することのできる試験ですし、1発合格する事も可能です。 確かに行政書士は難易度の高い試験で、合格率もかなり低くなっています。

しかし、このサイトで一度触れたように、
行政書士の受験者はそれほどレベルが高くないので、その分合格率が低く、
合格率ほどの難易度はありません。

その理由としては、行政書士は人気士業の上、受験資格がないので、
まぐれ合格を狙う受験者が多いのが特徴だからです。
また、士業の法律系の登竜門的な位置づけになっていて、
お試し受験をする人も少なくありません。
ですから、合格率が低くても、1発合格できる可能性は十分にあるのです。

行政書士に合格する上で重要なのは、どのような勉強をするかです。
多くの方は、独学で勉強をはじめて、途中で挫折してしまいます。

行政書士は、難解な法律の試験で、それを市販されているテキストだけで、
学習しようとするから挫折するのです。
現に行政書士に不合格になっているほとんどの方は、独学です。

しかし、通信・通学で学習のポイントを学び、講義を聞きながら学習すれば
十分に合格できる試験です。
そこを理解できない人は、絶対に合格出来ません。

行政書士は、難易度のわりにとても稼ぎやすい士業で、
おいしい資格と言えます。

逆間違っても平均年収くらい稼げると思いこまないで下さい。