マンション管理士の仕事と年収について

マンション管理士の難易度がわかれば、次に仕事や年収について紹介していきます。
マンション管理士に興味があれば、是非ご覧下さい。

マンション管理士という士業はあまり聞きなれないと思いますので、
どういった仕事をしているかイメージがわかないと思います。
言っておきますが、マンションの管理人さんとは違います。

マンション管理士は、分譲マンションの購入者同士で結成するマンション管理組合のサポートをしていく仕事です。

具体的には、マンション管理組合の運営(管理費・修繕積立金の会計監査、総会・理事会などの運営など)、管理会社とのトラブルの対応、住民間のトラブルの対応、修繕計画作成の補助などです。

もう少し分かりやすい例を出すと、例えば、月日が経つとマンションは老朽化して、
外壁が剥れたり、給水設備が壊れたりしてきて、修繕しなければいけなくなります。

しかし、マンション管理組合の人達では、その知識がないため、何をどうして良いかわかりません。 その結果、工事そのものをしなくなり、結果的にマンションの寿命を縮めてしまっています。
現在そうしたことが問題になっているほどです。

そこで、マンション管理士が登場します。 マンション管理士は建築の知識を持っているので、
修繕計画を立てます。

例えば、「予算はいくらくらいかかり、それは修繕積み立て金でまかなえるのか、もしくはさらに徴収しなければいけないのか」「業者をどうするのか」「何処をどのくらい修繕するのか」
などをまとめて、総会で組合員の了承を得るのです。

このような仕事を行なっています。 もちろん、それ以外にも仕事はたくさんあり、利害関係が異なる人達が同じ建物に住んでいるので、様々な問題が出てきます。
その全てをマンション管理士が解決していきます。

次にマンション管理士の年収ですが、正直これはわからないと言った方が正解です。
何故なら、誕生して間もない資格で調査した実績がありませんし、
数もそれほど多くないので、調査のしようもありません。

ただ、一つだけ言える事は、今後確実に伸びてくる仕事なので、
稼げる可能性はあり、すでに成功者が出ているとテレビで特集されていたこともありました。

まだまだ未知の士業ですが、これから注目される資格の一つです。