士業の難易度ランキング!

今回紹介した士業の難易度をランキングにしてみました。
尚、ランキングはA~Dまであり、Aの難易度が一番高く、後はそれに続いていきます。
また、それぞれ目安の学習時間を紹介していますのが、あくまでも目安で、
その時間は絶対でないと理解して下さい。

難易度A 社会保険労務士(学習時間:1000時間)
社会保険労務士は今回紹介した中で、最も難易度が高く、普通に学習していては到底合格できない試験です。
ただ、あくまでもこのサイトで紹介した士業は、知識のない初級者が一発で合格できる可能性のあるものです。

何年も時間をかけなければ合格できない、旧司法試験や司法書士、税理士などは、
紹介していません。
何故なら、それだけ時間をかけて例え合格したとしても、時間をかけただけの実入りがあるとは限らないからです。
ですから、社会保険労務士のように難易度は高くても、一発合格する可能性がある士業で、
しかも成功する可能性の高い美味しい士業が良いのです。

難易度B 行政書士・マンション管理士(学習時間:800時間)
難易度Bは、Aとほとんど難易度が変わらず、試験との相性がありますので、
人によって難易度の感じ方は人それぞれ違います。
ただ、あえてランク付けをするなら、試験科目が多く、学習時間が必要な社会保険労務士を
難易度Aにしました。

この難易度BもA同様、普通に学習しても合格できない試験です。
少なくても、市販されているテキストと過去問を理解すれば、合格できると思っているなら、
まず合格出来できないと思って下さい。
それで合格するなら誰でも苦労はしません。
ですので、学習ポイントを抑えて、講義を聞きながら勉強する事が必要不可欠です。

難易度C 通関士(学習時間:500時間)
上位2つと比べれば難易度が若干下がりますが、それでも合格率が1ケタ台で試験です。
ただ、通関士に限って言えば、出題傾向を抑え、知識をしっかりと理解できれば、
十分に合格できる試験です。
問題は、それをどのようにマスターするかです。 言葉でいうのは簡単ですが、
実際にするとなると物凄く大変です。

やはり、通信・通学を受講して、講師から直接アドバイスを受けるのが
合格への近道です。

難易度D(2級FP技能士(ファイナンシャルプランナー))(学習時間:350時間)
今回の難易度Dである2級FP技能士は、 本来ならもう少し難易度が高い位置づけなのですが、
如何せん他の士業の難易度が高く、 一番易しい試験となります。

ただ、勘違いしないでほしいのは、難易度Dといっても、 それは今回紹介した士業の中だからで、 通常の資格からみれば、難易度は高い部類に入ります。
そのためしっかりと学習計画を立て、講義を聞きながら勉強を進めてください。
最後にいっておくと、国家資格、特に士業で簡単な試験はありません。