社会保険労務士の年収や仕事について

社会保険労務士の難易度がわかれば、次に仕事や年収について紹介していきます。
社会保険労務士に興味があれば、是非ご覧下さい。

まず、社会保険労務士の仕事ですが、主に企業の労務管理を請け負います。

例えば、「就職規則の作成・指導」「労働・雇用保険の続き」「給与計算」 「賃金制度の作成・指導」「社員教育の指導」「労働問題の解決」 など、
企業で働く労働者に関する全てのことを法律の観点から、 指導していきます。

一般的な社会保険労務士のイメージは、保険の続きや給与計算だと思いますが、
現在はそれだけ生き残って行く事はできませんので、
実際はコンサルタントとしての仕事の方が多いと思います。

そして、企業にとって大変重要な「ヒト」を取り扱う仕事なので、
その分年収も高くなります。

これはあくまでも目安ですが、厚生労働省が調査した社会保険労務の平均年収は、
760万となっており、その数字は数ある資格の中で5番目に高い年収となっています。

しかし、その数字はあまり当てになりません。

別のページでお伝えしたように平均年収と言うのはそのくらい稼げるということではなく、
上下の差が激しくなります。 その大半は、平均を下回る人たちばかります。

しかし、そうはいっても社会保険労務士は非常に稼げる資格で、行政書士のような爆発力はありませんが、1千万~3千万円稼いでいる人も珍しくありません。
そして、何より、社会保険労務士は、各企業の顧問として仕事をすることが多いので、
収入が安定しやすいのです。

言ってしまえば、短期間で一気に稼げる可能性が高いのが行政書士で、 安定して稼ぎ続けられるのが社会保険労務士というイメージです。

また、安定という意味では社会保険労務士は、独立して高額な年収を稼ぐ事もできますが、
企業や社会保険労務士事務所に就職して仕事をすることも出来ます。
いわゆる、企業内社会労務士です。

企業内社会保険労務士は、高額な年収を稼ぐ事はできませんが、
毎月の収入が安定する特徴があります。

今回は、通関士以外、独立開業型の資格を紹介しましたが、
社会保険労務士のような特殊な例もあります。