士業以外のおすすめ資格!

このサイトは士業について紹介していますが、士業以外にどうしても紹介したい資格があります。
それは「宅建」と「管理業務主任者」です。

この2つの資格は士業ではないので、独立開業することはできませんが、
非常に安定感のある資格です。

まず宅建ですが、今更と思う方もいる可能性もありますが、
実は企業に就職する上で非常に有効な資格なのです。

宅建は基本的に不動産業界で利用する資格で、不動産では必要不可欠な資格です。
何故なら、宅地建物を取り扱う仕事をしている企業では5人に1人の割合で
宅建の有資格者を配置しなければいけない決まりがあります。

つまり、宅建の資格がなければ営業そのものが出来ないのです。
また、宅建の資格がなければ、不動産の売買や賃貸も出来ません。
ですから、どの企業も宅建の有資格者を重宝します。

また、宅建は不動産業界だけの資格を思われていますが、
実は宅建の受験者の8割以上は不動産と関係のない分野の人達です。

どの企業でも事務所を抱え、中には自社で物件を持っている企業もあります。
そうした企業では宅建の知識と資格は必要で、総務として就職することも出来ます。
現に有名企業にアンケート調査したところ、一番奨励さている資格は宅建でした。
それだけ宅建という資格は、影響力があるのです。

次の管理業務主任者ですが、これは宅建の不動産管理バージョンというイメージです。

管理業務主任者は、不動産管理会社に就職して仕事をしますが、
不動産管理業務を行なうためには、管理業務主任者の資格が必要になります。

ですので、不動産管理会社に就職しやすいのです。

それに、マンションがあるところには必ず不動産管理会社が入っていて、
仕事が途絶えることがないので、安定性のある仕事でもあります。

もし、このサイトを見て、自分にはいまいちピンとこない士業だったとすれば、
是非、宅建、管理業務主任者の資格を検討して見て下さい。
将来仕事を失った時の保険にもなります。