合格できる資格(士業)の勉強法!

何ここでは士業になるために最も効果的な通信教育の勉強について紹介していきます。

今の通信教育は、自宅で講義が視聴でき、質問にも対応してくれます。
また、予め出題範囲を絞り、学習ポイントも抑えているので、勉強時間もかなり軽減されます。
その上、資格学校に比べれば、受講料は半額以下で、
教材の質自体は通信教育の方が高くなります。

しかし、通信教育にも欠点があります。
そこを間違えれば、独学とほぼ変わらない学習になり、試験に合格することは出来ません。

その欠点というのは、学校選びです。
いくら通信教育が良いといっても学校によって内容はピンキピリで、全ての学校が良いとは言えません。
その学校選びを間違えれば、通信教育自体受講する意味がなくなります。

例えば、誰でも知っているようなある大手の通信講座(●―●ン)があります。
その講座のほとんどは講義も付いていなので、独学と何ら変わりません。

通信教育と言うのはあくまでも教えている講師がいて初めて成り立つので、
それがなければ、通信教育とは言えないのです。
ですので、通信教育選びはしっかりとしてほしいと思います。

そこで、良い通信教育に共通するポイントを紹介しますので、 是非参考にして下さい。

■通信教育専門校であること
通信教育専門校は教室を持たない分、受講料が安くなります。
しかも、通信で合格させる独自のノウハウがあるので、教材の質が高く、出題範囲を絞っていて、 講座の全体の質は専門校の方が高いのです。

■講義が付いていて、通信教育専用に撮影してある
通信教育は学校と同じですので、講義が付いている事は当然です。
重要なのは、通信教育専用に撮影してあることで、
出来ればハイビジョン撮影していることです。
そうした講義は画面に迫力があり、臨場感もあります。
その結果長期間勉強しても飽きずに続けられ、挫折することがなくなります。
間違っても、教室講義をそのまま撮影したDVDや講師の前にカメラを据え置きにして 撮影しているものはやめて下さい。

■テキストはフルカラーであること
資格学校のテキストは白黒ですが、それはあまりよくありません。
何故なら、白黒のテキストは、記憶効果がなく、読んでいてすぐに飽きてしまいます。
また、重要項目もわかりにくく、効果的な学習ができるとは言えません。

対して、フルカラーのテキストは、記憶効果が高く、楽しみながら勉強していける気分になります。 ですが、多くの学校は印刷代が高くなるという理由で、フルカラーのテキストを採用しません。