通関士の年収や仕事について

通関士の難易度がわかれば、次に仕事や年収について紹介していきます。
通関士に興味があれば、是非ご覧下さい。

通関士の仕事は、輸出入される肉、魚、穀物、石油などの貨物を
輸出入業者に変わり税関の手続きをする仕事です。

例えば、「この貨物の関税、商品税はどのくらいか」「輸入してよい貨物なのか」
「通関書類の作成」などです。
そうした手続きを専門的な知識を用いて行うのです。

しかし、通関士の場合、資格を取得すれば、通関士と名乗り仕事が出来るわけではありません。

通関業者に就職して、そこで何年も経験を積み会社から認められ、
税関長からはじめて通関士として認められることになります。
そのため、通関士の資格を取得しても通関士になれない人も少なくありません。

次に年収ですが、通関士の場合も正式調査した実績がないので、いくらとは言えません。
また、通関士はあくまでも会社の社員として働くので、年収はその会社によってまちまちで、
通関士だから特別な額があるわけではないのです。

しかし、通関士になっている頃には、会社である程度勤務した実績があるので、
そんなに低くはないと思います。

また、通関士の資格を持っていれば、資格手当てを支給する会社もあるので、
多少なりとも普通の一般職よりは年収が高いと思います。

ただ、前述したように通関士は資格を取っただけでは通関士になれないのがネックになります。

しかし、今回独立開業型の資格をおすすめしていて、
それでもあえて通関士を紹介した理由は、 そこにあります。

通関士という資格は、例え通関士になれなくても、貿易を行なう会社なら必要不可欠な知識なので、どの企業も非常に重宝する資格です。
その証拠に、空運、海運、倉庫業、貿易会社、メーカー、商社など
何かしら貿易に関係する企業への就職に有利になります。

また、将来貿易に携わる仕事で独立するために通関士の資格を取り、
成功している人もいます。

つまり、通関士の資格は各業界へ応用がきくので、非常に魅力的な資格なのです。

特にこれからは企業の規模に関わらず、海外との取引は日常茶飯事になってきます。
現在もすでにそうなっています。
そんな状況下では確実に通関士の知識が必要になり、将来性も十分にあります。

ですから、あえて通関士を紹介しました。