簿記は、日本経済を影で支える基礎となる技術

今も昔も根強い人気を誇っている、簿記資格。
検定の種類もたくさんありますし、それぞれの検定に毎年多くの受検者が挑戦しているポピュラーな資格です。

簿記というのは、企業の経済取引によってもたらされる資産や負債などの増減を管理し、一定期間の収益と費用を記録するための記帳方式のこと。
そもそも企業は、何らかの商売をして利益を上げることを目的として存在していますので、企業の経済取引によって発生する儲けの部分を正確に把握するために、簿記の技術が必要となってくるのです。
簿記の技術によって作成された財務書類は、企業の経営者が今後の会社経営の判断材料としたり、銀行や取引先が企業の安全性を判断したり、といった重要な役割を担っています。

簿記は、一見地味なイメージがつきものですが、企業経営の根底を支える技術として日本経済にはなくてはならないもの。「毎月どれだけの売り上げがあり、経費はどれぐらいで、結果的にどのぐらいの利益が発生したのか」という、企業の経営状況を把握するためのひとつのツールなのであり、実は、経済活動の基礎となっているのは、このような簿記的な思考であると言えます。そこに、簿記を学び、簿記の資格を取得する意味や目的があると言ってもよいかもしれませんね。

社会人として、企業人として活躍するためには、簿記資格のひとつやふたつ持っていて当然、という考え方が日本の企業には浸透しているのです。

例えば、企業への就職や転職の際、履歴書の資格欄に『日商簿記2級』という記述があったなら、採用担当者は「経営状態を把握する技術を持っている人材」であると判断してくれるに違いありません。
これは、簿記の資格を持っているから有利になる、というよりも、簿記的思考を持っていると判断されて有利になる、と言った方が正確ですね。

簿記の資格の種類について

簿記検定と一口で言っても、実施団体や試験の内容が違う複数の検定が存在しています。主な検定を3つ紹介しますので、どの検定を受検して資格を取得すれば、自分にとって有利になるのかをよく考えて検定を選びましょう。

日商簿記検定

日本商工会議所が実施している検定試験で、文部科学省の認定を受けています。1級から4級まであり、すべて筆記試験のみで合否が決まります。1級に合格すると税理士試験の受験資格を得ることができます。
いくつかある簿記検定の中で一番歴史があり、社会的評価が高いのが特徴です。
就職試験などで資格欄に記入して有効なのは、日商簿記2級からというのが一般的な判断でしょう。

全経簿記検定

(社)全国経理教育協会が実施している検定試験で、こちらも文部科学省の認定を受けています。1級から4級まであり、すべて筆記試験のみで検定が行われます。1級に合格すると税理士試験の受験資格を得ることができます。
こちらの検定は主に専門学校生が受検すると言われていて、一般的には、日商簿記検定よりレベルが低めだとされているので、税理士試験の受験資格を得るために1級の検定を受検する人もいます。

全商簿記検定

財団法人全国商業高等学校協会が実施する試験で、帳簿を作成する手順や財務諸表の作成、それらの数字を読み取る能力を試す試験となっています。
こちらの検定は、主に商業高校の生徒が勉強の進み具合をチェックする目的で受検するもので、大学進学や就職などのとき以外にはほとんど評価されません。
1級から3級まで行われています。