FP2級の試験内容

このページでは、金財が運営する厚労省認定の2級FP技能士試験の出題範囲について紹介したいと思います。

「3級から受けた方が良いのでは?」という方もいるでしょうが、3級の出題範囲はいわば〝2級の縮小版〟どうせ勉強するなら、最初から2級を受けた方が絶対的に効率的といえるでしょう。

2級FP技能士試験概要

試験は毎年1、5、9月の3回、全国で実施されます。詳しい日時や受験申請の方法などは、金財及び日本FP協会のホームページにて確認して下さい。

学科試験の出題科目

試験時間は120分。出題は下記6科目から各10問。すべて4択式の問題で計60問が出題され、60点満点で36点以上が合格となります。

①ライフプランニングと資金計画
理論や関連法規、税金に年金、ローンとカード等全11単元より出題
②リスク管理
リスクマネジメント、保険制度、最新動向等全6単元より出題
③金融資産運用
環境理解、預貯金・金融類似商品、保険商品等全12単元より出題
④タックスプランニング
税制、損益通算、所得・税額控除、最新動向等全18単元より出題
⑤不動産
取引、法令、取得・保有、譲渡、賃貸、証券化等全9単元より出題
⑥相続・事業承継
贈与と相続に関する法律、税金、事業継承対策等全11単元より出題

実技試験の出題科目

試験時間は90分。出題は下記出題範囲について「各科目における図表等の読み取りや諸計算等」、「ファイナンシャル・プランニングの基礎や提案書作成技術・係数表の利用等」、「事例に沿った分析・提案等」に関する技能を、記述式のペーパーテストにて40問出題。

100点満点で60点以上が合格となります。ただし、記述式とはえい選択肢の中から言葉を選んだり数字を記入する形式であり、文章作成能力を問う形式ではありません。

①FP総論より2問出題 
②金融資産運用設計より4問出題
③不動産より3問出題
④リスク管理より4問出題
⑤タックスプランニングより3問出題
⑥相続事業・承継より3問
⑦ライフプランニング・総合問題より21問出題