行政書士の開業について

行政書士の仕事というと、事務所を構えているイメージ、つまり、独立・開業をしているイメージが強いでしょう。

行政書士の開業は、行政書士にとってはいちばんの醍醐味といってもいいかもしれません。
行政書士になったら、誰かに雇われて仕事をする生き方もありますが、 行政書士になることにいちばんのよさといったらやはり自分の事務所を開くことでしょう。

行政書士の開業は、確かに危険も目立ちます。
しかし華々しい成功を手中にしている行政書士は開業をしている人たちが中心になっていることもまた事実です。
せっかく行政書士になって仕事をしていこうとするのなら、開業を視野に入れて 計画を練り込んでいってもらいたいですね。

行政書士の開業をすると決めても、つい心細くなったり二の足を踏んだりしてしまうのは当たり前の心理でしょう。
開業をしたばかりの行政書士が、仕事への習熟度や経営のことで何かと悩みがちであることは自明の理ですから、 日本行政書士会連合会では、開業をしたての新米行政書士たちのために しばしば研修会や勉強会を主催しています。

こういったイベントでは、新人向けに講義等が行われますし、最新の行政書士の世界の事情について 詳しい解説や分析が行われる場となっています。現在の行政書士によく求められることが多い役割について 教えてもらえることも多いですから、新人の開業型行政書士にとっては、自身の仕事のやり方について さまざまなことを学習する貴重な場となることでしょう。
できるだけ出席して、そこで手に入れることができるチャンスを十二分に享受するようにしたいものです。

ここでは特に、ベテランの行政書士がやってくる場所であることも忘れてはいけません。
経験の豊富な行政書士と面識を持つことはとても大事なことですね。こうした場を活用して 行政書士同士のネットワークを築いておくことも欠かせない行為といえます。

行政書士の知り合いをつくることは、早ければ早いほどいいですから 試験に受かる前にはじめられたらなおいいのですが、それは普通の人にとって簡単ではないでしょう。
すでに開業を果たしている行政書士については、学校や通信講座を使って勉強していると 試験に受かる前から知り合いになれるチャンスもあります(講師は現役の行政書士であることが多いですが それ以外にもいろいろな行政書士に接近できるチャンスはけっこうあります)。

行政書士事務所の開業費用

賃貸事務所での開業、自宅事務所での開業

行政書士事務所を始めるには、開業費用がかかる。
この費用は、賃貸事務所を借りるか、自宅事務所で開業するかによって、大きく異なるものだ。

賃貸事務所の場合、初期費用もかかるし事務所家賃も毎月かかる。
一方、自宅事務所の場合は、初期費用も事務所家賃もゼロであるが、対外的な信用度がどうしても劣る。

自宅事務所で開業し、仕事が増えてきたら賃貸事務所に移るという人もいるが、事務所を移転するには別の費用がかかるものである。(名刺の作り直し、HPの修正、行政書士会の変更登録など)

機材の準備をする

さて、行政書士事務所の開業には、ハード面での費用はほとんどかからない。
必須の機材は、電話、ファックス、パソコン、プリンター、スキャナー、コピー機くらいだ。
コピー機は購入せず、コンビニのコピー機を使っている行政書士も、実際にいる。

ランニングコストを計算してみる

それでは、自宅で開業するのであれば、行政書士開業にはろくに費用は掛からないのではないかと思うかもしれないが、それは間違いである。

人間が生きていくには、どうしても生活費がかかる。
食費や家賃だけではない。各種の保険料や住民税など、たとえ収入がゼロでも引き落とされていく費用は莫大である。
扶養家族がいる人は、家族分の生活費もかかってくる。

そして、行政書士会の会費やコピー機のメンテナンス費用、賃貸事務所の場合は事務所家賃などの固定費も出てくる。
そうしたことを深く考えずに開業してしまうと、早晩、経営が左前になってしまう。

実際、何のコネもない新人行政書士が最初の仕事を取るまでには、通常半年くらいはかかるものである。そうした現実を考えていないと、事務所経営はおそらく1年ももたず、廃業に追い込まれてしまうであろう。

だから開業前には、事務所の維持や自分の生活にかかるコストなどを考え併せ、充分な資金と時間の余裕を持っておきたい。