年収や社会的地位のようなメリットがいっぱいある資格、行政書士。その行政書士になるには、まずは試験に合格することです。
一夜漬けであっさりと合格できるような難易度ではありませんから、独学以外の方法で数ヶ月間勉強に打ち込むことがベストです。
講座を受けるなら、通学と通信がありますが、通信のほうが今ならメリットが多いでしょう。

行政書士の通学講座のメリット・デメリット

環境が整っている

行政書士試験の勉強法の一つに、資格予備校に通学するという方法がある。

「資格予備校」「資格学校」と呼ばれる、行政書士、社会保険労務士、税理士などの国家試験対策をする学校は全国に数多くあるが、そうした学校に通学し、試験までがっちり勉強するわけである。
行政書士は人気資格であるため、大抵の学校に講座があるはずだ。

通学による勉強法の良い点は、何と言ってもその学習環境にある。
講師、教材、施設といった学習に必要な「場」が全て整備されているため、コンスタントに通学し、真面目に講義を聴いていれば誰でも、一定のラインには到達できるのである。

費用が高い

ただ、通学には大きなデメリットもある、その一つが費用がかかることである。

通学制の行政書士講座は数多く存在し、その受講料も様々だが平均して10数万円の費用がかかる。
半年~1年弱の講座で10数万円であれば、それほど高くはないだろうという考え方もできるが、それでも独学や通信教育に比べれば格段に高いと言える。

通学のデメリット~時間的な拘束を受ける

通学には、その他のデメリットもある。
それは、どうしても「ある程度の時間的拘束を受ける」という点である。

最近はDVD講義といったものもあるが、生講義の場合はどうしても、その講義スケジュールに受講生側が合わせる必要がある。
社会人の場合、このことが通学式勉強法の一番のネックとなるであろう。

特に、残業が多い会社員は、せっかく受講申し込みをしても欠席せざるを得ないことも多々あり、途中で講義についていけなくなって通学を止めてしまう人もいるらしい。
時間的拘束、つまり「〇時から〇時までは、何が何でも行政書士試験の勉強をしなければならない」という状態が提供されることが通学の特徴であり、それはメリットとデメリットの両面を持つ。

行政書士の通信講座のメリット

独学と通学の中庸

行政書士試験の勉強を、通信教育を使ってする方法がある。
行政書士試験は、その人気を反映してか通信教育講座が多く、その内容、所要学習期間、学習費用等、様々である。

このページでは、通信教育の特徴について考えてみよう。
通信教育のメリットとデメリットは、両方とも独学と通学の中間に位置する。

教材が整っている

通学の良い点として、「学習環境が整っていること」をあげた。
さて、通信教育の場合、整っているのは「学習教材」である。
通信教育では、学習教材や学習情報は整っているが、学習の場は提供されないわけである。

とはいえ、通信教育では、合格者の輩出実績のあるテキストや問題集、講座によってはDVDやCDなども配布され、行政書士試験に関する情報も過不足なく伝えられ、学習する気がある受講生であれば、充分に結果が出せる状況を提供してくれる。

問題は、「学習する気がある受講生であれば」という点である。

モチベーション維持が比較的困難

「学習する気があれば、教材も情報も整っている。
しかし本人が自発的に学習する気がなければ、それはゼロに等しい。」これが、通信教育である。

通信教育というものは、結局、学習状況は独学と同じなのだ。
通学のように、教室にさえ行けば、講師の講義が始まり、それを聴いているだけである程度の知識が得られるというような状況は、独学と通信教育にはない。

だから、独学や通信教育の場合は、自分から机に向かい、テキストを開き、自分で読み進めるという能動性が必要となる。

そして、ただでさえ忙しい社会人が、こうした気力体力を要する能動的な勉強を続けるには、非常に強いモチベーションが必要とされる。
だから、(独学の場合ほど多くないものの)ある程度の途中リタイア者は、どうしても出てくる。

尚、「学習時間が自由になる」という大きな利点は独学と同じであり、学習費用の安さも独学に次ぐ。
通学講座ももちろん、受験勉強のプラスになるケースはたくさんあります。ただし、最近はどこの資格の学校も経営が苦しく、行政書士の講座にもあまり費用をかけられていないという実態があります。通学講座を利用したいと思っているなら、選択肢に入る通学講座ひとつひとつについて、近年の経営状況をよくチェックしたほうがいいかもしれませんね。

また、通学の時間もポイントです。片道30分を超えるようなら、思っているよりも通学するのは楽ではない(挫折する受験者は、あとでこの点をよく後悔します)ものです。
通学講座にしても通信講座にしても、行政書士の講座は本当にたくさんあります。

資料を取り寄せたり、ネット上からチェックできる情報をよく見比べたりして、悔いのないチョイスを心がけましょう。この場では、通信講座をおすすめしておきます。