福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障がい者の自立をサポートする役目を負っています。高齢者や障がい者の快適な暮らしを支えるためのリフォームを、専門家の立場でかかわり合える資格です。時には利用者や、その家族のプライベートな問題に関心を寄せなければならず、信頼を得ることが何よりも大切なこと。

福祉や住環境の専門知識を身につけるだけでなく、常にヒューマンスキルを磨かなければなりません。
ますます進む高齢化ですから、その社会をあらゆる面で支える専門家が求められることになります。

福祉住環境コーディネーターの仕事は、あらゆる人の暮らしを豊かにするもの。それだけにやりがいと喜び、達成感は大きいものです。
当サイトでは、さまざまな視点で福祉住環境コーディネーターに関する情報をお伝えします。

福祉住環境コーディネーターとは?

高齢化が進む日本。核家族化が進み、独居老人の数が増え続けています。高福祉国家を謳いながら、現実はどうでしょうか? 誰にとっても、本当に住みやすい住環境が整っていると言えるでしょうか? 生活の基盤となる住まい、住まいを中心に広がる地域とのかかわり。人に優しい住環境がなければ、人の暮らしには安全も安心もありません。

何もこれは高齢者や障がい者に限った問題ではないのです。誰もが年齢を重ね、いつ何時、障がいを持つことになるかはわかりません。誰もが自分のこととして、常に問題意識を持っていたいものです。そのような社会状況に合わせるように、新しい資格として誕生したのが「福祉住環境コーディネーター」です。

高齢者や障がい者の方たちの住まいを、より安全に、安心な環境へと整えるための相談に乗るのが役目です。単に建物の設計やリフォームに携わり、アドバイスを送るわけではありません。建築も含め、福祉や医療、保険、住宅構造、福祉用具など、あらゆる知識を駆使して提案を行って行きます。

本人はもとより、寄り添ってサポートをしている家族や介護者・介助者たちの意見も取り入れながら、より良い提案ができるよう、日々情報収集や関係者とのコミュニケーションを図っています。

福祉住環境コーディネーターとして、資格が確立されたのは1999年。東京商工会議所が認定機関となり、3級の試験が実施されました。翌年には2級の試験が行われ、その後、より専門的なコーディネーターとして活躍できる1級が誕生したのです。

ニーズがあって生まれた資格ですから、取得後はさまざまな分野で活かせる資格です。福祉や医療の現場は言うに及ばず、建築業界や保険サービスの立場でも活躍の場が広がっています。
住まい全体ではなく、お風呂場のリフォームや玄関先、室内のちょっとしたところでも、目配りや気配りによって“人に喜ばれる”提案ができる仕事。

街全体を見渡し、問題意識を喚起することも可能な、やりがいの大きい仕事。福祉住環境コーディネーターの活躍が、人の暮らしの支えになるのです。

福祉住環境コーディネーターという資格

前にも触れましたが、福祉住環境コーディネーターの資格が誕生したのは1999年のこと。それまでも、東京商工会議所は数多くの資格試験を実施していました。それらの資格は実務に即したものばかりです。福祉住環境コーディネーターについても、高齢化の波が押し寄せる中、いち早く対応した形になりました。

ただし、福祉住環境コーディネーター資格の誕生には前段があります。「高齢者が安心して生活できる環境づくり」を目的として設立されたNPO法人が、“高齢者や障がい者のための住環境整備のため、建築や福祉、医療の知識を持って全体をコーディネートできる人材が必要”という提言を行い、福祉住環境コーディネーター資格の機運が一気に高まったのです。

その後、2000年になると『介護福祉法』が施行されるようになり、自宅に居ながら(在宅介護)さまざまな福祉サービスを受けられるようになりました。例えば、介護ベッドや車いすの貸出、手すりの設置や段差の解消など、必要に応じて行うリフォーム費用の支給もこの時から始まったのです。

『介護福祉法』は福祉住環境コーディネーターの認知度アップに大いに寄与しました。ケアマネジャーや作業療法士、介護福祉士など、人に対するケアやサポートの他、住まいに関する福祉の視線が集まったからです。

2001年、福祉住環境コーディネーター検定2級合格者は、「住宅改修についての専門性を有する者」として厚生労働省により明記されるようになりました。これにより、福祉住環境コーディネーターは、“介護保険制度に基づく住宅改修費を受けるための理由書が作成できる専門家”として定着したのです。

さらに、福祉住環境コーディネーター3級、2級に続き、高度な専門性を有する資格として1級が誕生。住まいから街づくりまで、活躍の場がますます広がっていきました。
福祉住環境コーディネーターの有資格者は、ステップアップを目指すケースが多いのもこの資格の特徴のひとつと言えそうです。

福祉住環境コーディネーターの知識を活かせる活動分野

福祉住環境コーディネーターは、さまざまな業界での活躍が期待されている、将来性有望な資格です。ただし、すでにお話ししました通り、いまのところ福祉住環境コーディネーターは他の資格(介護士や建築士など)があってこそ活かせる資格であることを忘れないでください。

将来的に、市役所の福祉課など地域行政が、福祉住環境コーディネーターを雇用・派遣するような福祉社会になったらよいのですが、現時点ではそういう面は未知数です。
しかし繰り返しますが、ダブルライセンスの発想を持てば、福祉住環境コーディネーターの資格を活かせる分野はたくさんあります。以下、活躍が期待されている分野を列挙してみます。

福祉分野

高齢者生活福祉センター、在宅介護事業、介護老人福祉施設、民間有料老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、保険会社、福祉機器メーカー、福祉用具販売会社など

建築・設備分野

住宅・住宅設備メーカー、建設会社、工務店、建築設計事務所、住宅リフォーム会社など

保険・医療分野

病院、介護療養型医療施設、介護老人保健施設、訪問介護ステーションなど

その他の分野

公共施設、教育機関、行政、民間福祉サービス施設、地域のボランティア団体など

私が思いつくだけでもこれくらいはあります。
建築士の資格を持っている人が、バリアフリー住宅の知識にもっと詳しくなるよう福祉住環境コーディネーターの資格を取るとか、訪問医療の看護師さんが、高齢者の方のお住まいのことも気遣えるようになるとか。いろんな方向があると思うのです。
また、福祉機器や住宅設備メーカーなどの会社員(営業職など)として、福祉住環境コーディネーターの知識を活かすという方向もあるでしょう。

ここまでは、高齢者の方の「自宅」という小さな視点でお話ししてきました。しかし福祉住環境を必要とする空間には、病院などの公共施設や、ホテルや旅館、デパートなどの商業施設、また公園など屋外の空間も数え挙げられます。福祉住環境コーディネーターの知識を活かせる空間・対象は無数にあるのです。

少し話が間接的になりますが、最近は、屋外での喫煙にものすごく厳しくなってきているところがあると思いませんか。喫煙派の私としては肩身のせまい思いをすることも少なくありませんが、世の中が「モラル」の方向へ向かうことは良いことと、この動向を認めて部分も正直あります。
ニュアンスは異なるかもしれませんが、福祉の仕事をする一人として、福祉住環境についても日本人のモラルはどんどん高まっていくように思えるのです。

そのような意味も含めて、福祉住環境コーディネーターの資格にはやはり将来性があると感じます。福祉住環境コーディネーターは決して資格としての力を過大評価してはいけない資格ですが、それでも仕事上でのニーズは無数にあるでしょう。それが管理人の確信です。