インテリアコーディネーターはどんな資格?

インテリアコーディネーターは、インテリアのコンサルティング、プレゼンテーションを中心に契約実務から工事手配まで、幅広い業務をこなします。その役割は、メーカーと顧客をつなぐパイプ役として活躍することです。快適な居住空間を求めるお客様のニーズにお応えするよう、生活者サイドの視点で居住空間のノウハウを、住宅メーカーなど企業サイドに伝えます。

インテリアコーディネーターは、合格者の8割近くが女性という、女性に適した仕事です。その理由は、住宅の新築やリフォームでは女性(奥様)の発言権がつよいからです。家族で暮らす住宅は実際に使うのは誰かといえば、圧倒的に女性です。そのような女性の希望を聞きいれ家づくりに活かしていくには、やはり女性の専門家が適しているといえるようです。

女性ならではの視点を活かし、水周り等の住宅設備、家具、ファブリックス、照明器具などをアレンジして提案する、快適さ実用性を備えた住空間の提案者として、そのニーズは一層高まりつつあります。

活躍の場、仕事への活用度は?

インテリアコーディネーターの活躍の場としては、まず、大手住宅メーカー、地域住宅会社、工務店などの住宅メーカーがあげられます。「インテリアの専門家」というコンセプトは当初は大手住宅メーカーから発信されたものですが、最近では、中小企業でも多くがインテリアコーディネーターを採用しています(ただし形態は、正社員、嘱託社員、フリー契約などさまざまです)。

住宅関連企業としては、システムキッチン、照明、家具、家電などのメーカーが挙げられます。そのほか建築設計事務所や、デザイン事務所、百貨店、ホームセンター、出版社などでも、この資格を活かし活躍している方がいます。住生活への関心の高まりとともに、コーディネーターの活躍の場は大きく広がりつつあるようです。