ITパスポート試験(資格)の合格率は高く、難易度はそれほど高くありません。とはいっても、難易度についてどのような実感値を持って臨めば、合格は可能であるかは気になるところでしょう。このページではデータをもとに、ITパスポート試験の難易度、その実際を見ていきたいと思います。

【これまでの試験結果】

年度・回受験者数合格者合格率
2014年度春季36,147人16,708人46.2%
2013年度秋季30,969人15,308人49.4%
2013年度春季32,698人14,964人45.8%
2012年度秋季29,318人11,443人39.0%

ITパスポート試験はほぼ毎日実施されていますので、上記は集計となります。合格率はだいたい40%台から50%未満というところで安定しているようです。試験実施団体のIPAが想定している合格率も50%だそうです。

以前、実施されていた同じIT系資格の「初級シスアド試験」の合格率が約30%ですから比較的、易しくなったといえるでしょう。
ITパスポート試験は、165分の試験時間内で100の問題に解答しなければならないので、解答にスピードは求められますが、確率的に2人に1人は合格する試験です。しっかりと学習対策してポイントを押さえれば、合格の可能性は高い試験です。

ここでは参考までに難易度が50%前後の資格試験を紹介します。

  • 情報検定(J検)2級・・・55%
  • DTPエキスパート・・・42%
  • CAD利用技術者・・・48%
  • 秘書技能検定・・・48%
  • 貿易実務検定・・・52%

上記はほんの一部です。数ある資格を改めて調べてみますと、合格率が50%近くあり(2人に1人は合格)、それほど取得が難しいとされていない資格にも、企業の実務には欠かせない、使える資格がたくさんあることが再認識されます。
ITパスポート試験もそのよう、取得は比較的易しいにも関わらず、非常に役立つ資格です。すでに年間の受験者数10万人という人気の高さが、そのことを証明しています。

初学者もわかりやすく学べる講義DVD情報→http://www.foresight.jp/it/