3~6ヶ月、その方の経験により大きく変わってきます。

ITパスポート試験に合格するために必要な勉強時間は、一般的には3~6ヶ月といわれています。かなり幅がありますが、それはこの試験を受ける方の年齢幅が非常に広く、受験生のそれぞれでITの予備知識もまったく異なっているからです。

ITパスポート試験の受験者には、中学生もいます。高校生もたくさん受験しており、また職場で毎日パソコンを使っている社会人の受験生も多いのがITパスポート試験です。「合格できるレベルの知識の獲得」といっても、その準備に必要な時間が、それぞれで大きく変わってくることはご理解いただけると思います。

ITパスポート試験は、全ての職業人に必要なITの基礎知識を問う試験です。ですからサラリーマンやOLの方など社会人の方ですと、試験勉強する前からすでに知っている用語がほとんどだという人もいらっしゃると思います。そういう方の場合は、その言葉の意味を正確にとらえ直し、他の用語との関連性を整理することなどが主な勉強になるでしょう。数年の社会人経験がある人でしたら勉強期間1~2ヶ月でも、合格は可能だと思います。

高校生や大学生で受験される方ですと、ITパスポートの勉強を始めると、まだ知らない用語たくさん出てくると思います。またコンピュータやネットワークを利用して業務を効率化する方法やITでの経営分析手法など、一般には社会へ出てからビジネスマンとして身につけることを先取りして学ぶことになります。

概念的なことがらを知識としてきちんとして整理する必要がありますので、できれば半年くらい期間をかけ、じっくり力をつけた方がベターではないでしょうか。

合格するための勉強計画を立てるために、独学で勉強される方も、専門学校や通信教育会社から資料を取り寄せてみるのもよいでしょう。合格までどれくらいの学習期間を想定してるのか、どの分野がポイントだと考えているのか、教育のプロが作ったカリキュラムを参考にすることで、おおよその目安をつかめると思います。

こここらは社会人の方にのみ向けたアドバイスになります。すでにお話ししました通り、ITパスポートの試験は、ストラテジ分野・マネジメント分野・テクノロジ分野の3分野に分かれています。
みなさんのなかには「マネジメント分野の知識はかなりある。ストラテジ分野についても一通り用語は知っている。

テクノロジ分野は正直弱いかな」など、分野によって得意と不得意がある方も少なくないでしょう。特定の分野が弱いことがわかれば、その分野だけきっちり参考書などで勉強してから、過去問を解く→間違った問題を勉強するなどを繰り返すことで、合格までの勉強期間を短縮することも可能かもしれません。