国家資格である、管理業務主任者試験に合格するためのアプローチ(勉強法)を考えてみたいと思います。管理業務主任者の難易度は、他の資格との比較ではそれほど上位にランクされているわけではありません。合格率も20%前後と高くなっています。

ただ、難易度が低くても、合格率が高くても、自分で勉強し、試験を受けることに変わりありません。ですから、抜かりなく準備をすること。合格に向けて、できる限りのことをやらなければならないのです。

合格を左右するのは、正しいアプローチができるかどうか。ここで言うアプローチとは、主に勉強法だと考えてください。資格試験に合格するための勉強法としては、「通学」や「独学」、それに「通信」があります。

どの方法が合っているかは考え方次第ですが、準備はとても大切です。がむしゃらに頑張ったからといって、合格できるとは限りません。正しいアプローチで臨むことが成功へのカギ。3つのアプローチ、「通学」「独学」「通信」について調べてみましょう。そして、今から準備に取り掛かり、合格の手応えを感じられる勉強法を選んでください。

「通学」は、資格試験向けの講座を開設する専門学校・予備校に通う勉強法。
「独学」は、市販のテキスト・参考書を購入し、すべて独力で頑張る勉強法。
「通信」は、届いた教材をはじめ、添削指導・確認テストなどで学ぶ勉強法。

これだけでは選べませんから、もう少し詳しく調べてみましょう。それぞれの長所、短所を並べてみれば、自分に最適な勉強法がわかるはずです。自分が勉強するのはどういう環境(時間帯や場所など)なのか、イメージしてみると良いですよ。仕事をしながらであれば、思ったほど時間が取れなかったり、急な予定が入ったりすることも考慮しなければなりません。これから先のことを読みつつ、正しいアプローチを選びましょう。
まずは、勉強法の比較からです。