忙しい社会人にこそ「通信教育」が良い

社会保険労務士試験に挑戦するには、はっきりと申し上げて「確かな戦略」が必要であることは言うまでもありません。
戦えるだけの戦略なくして合格率一桁の難関国家資格に合格することは不可能ですし、
ただやみくもに学習を続けているだけでは受験生活の長期化を招くこともあります。
独学のデメリットについては次ページで詳しく解説しますが、とにかく受験のことはその道のプロに任せるのが得策なのです。

予備校通学か通信教育か

このように、社会保険労務士試験対策のためには俗にいう「資格予備校」の活用が有効であるわけですが、ここで皆さんを惑わせる事柄が一つ生じてまいります。
それは「通学」か「通信」かという問題です。

一般論で考えた場合、ある程度難しい国家資格といえばやはり「通学で・・・」と思われるかもしれません。だからと言って安易に通学講座を選んで、果たして

通いきれるでしょうか?
無理なくこなせるでしょうか?

ちょっと心配になりませんか?
これから社会保険労務士試験に挑戦される皆さんは、おそらく今現在仕事をお持ちの社会人の方、もしくは家事に育児に忙しい主婦の方が大半だと思います。
日々時間に追われ、やるべきことをこなしながら、本当に通学講座に通いきれるのかどうか。今一度、考えていただきたいと思います。

一方、通信教育の場合には教室に通う必要がなく、大枠は決まっているものの、具体的にカリキュラムをこなしていく過程は個々人に委ねられています。
自分なりの学習スケジュールで無理なく対策出来るとすれば、やっぱり続くんですね。

実際、私の周りの社会保険労務士試験受験生の間でも、「一度は予備校に通ったけど、途中で挫折してしまった」「ついていくのにやっとで、予・復習がおろそかになってしまった」など、通学講座についてはあまりよろしくない噂を多々耳にします。
もちろん、通信ではご自身でのモチベーション維持やスケジュール管理が問われますが、それでも「ライフスタイルを変えることなく合格を狙える」といった意味では大きなプラスとなるのではないでしょうか?