司法書士の年収を知ろうとすると、いろいろな数字が見つかるかもしれませんが、そのデータを見るときは早合点しないように気を付けないといけません。なぜならば、独立・開業している人とそうでない人が混ざっている可能性がありますし、データを収集したときの地域や人数に偏りがあることも考えられるからです。

司法書士の年収は、時期によって大きく分かれることを忘れずに

司法書士に年収を問いただすようなアンケート調査の実施頻度は元来低いようですが、まず司法書士には以下の2種類があるものと思ってください。

  • 独立・開業している司法書士
  • まだ他人の事務所に勤務している司法書士

後者は、どこに行っても似たような待遇で働いています。仕事内容や立場を考慮すると致し方ありませんが、勤務している時期の司法書士の年収はかなり低いです。400万円を超えることはまずありません。250万円程度の場合だってザラにあるのです。

開業した司法書士がもらっている年収や収入は、数字に表れないことが多いです

では、晴れて開業したら年収はどうなるのでしょうか? ところがこれも正確な平均年収を割り出すことは厄介です。もともと、人によって年収に幅があるのです……早い話、平均額を計算してもあまり意味がないのだと捉えたほうが正解です。

それでも平均年収を強引に算出するなら、450~650万円くらいとなるでしょう。450万円では、勤務する司法書士と大差ありませんが、これは独立から間もない新人であるケースも多分に含まれています。また、なかなか安定した経営ができていない例が残念ながら各所にあることは否定できません。

※同時にその事実は、高い年収に達している司法書士が一部に確実にいることを意味します。すなわち、1000万円以上です(もっとも1000万円の中から事務所の経費等を引くといくら残るのか? そこはまた別問題ですが)。
売り上げと年収を混同しないようにするべきであることはいうまでもありません。

もともと、開業してからは税金等の対策で経費を調節していることは当たり前。どのような形態で開業しているか? それしだいで経費にできる項目が変わるのですが、わざといろいろな項目が経費の対象になるように工夫している司法書士は相当に多いでしょう。

このため

  • 毎年の売り上げ
  • 個人的な年収
  • 実際に、口座や手元に残るお金

この3つは大きく異なります。司法書士の実際の収入をうかがい知ることは結局難しいのです。

司法書士の年収は、個々の努力で何とでもなります!

確実にいえることは、

  • 夢のような高年収を手中にすることはひたすら難しいですが、そこそこの努力と工夫があれば十分にやっていける年収は毎年もらえる
  • いろいろなうわさやデータに、必要以上に惑わされてはいけない

ということでしょう。

ちなみに司法書士の報酬は、平均して1件につき数万円くらい(1万~5万円くらいの間に収まる案件が大多数です)。依頼の量や頻度を安定させることが、懐に入ってくる報酬の安定化につながり、ひいては年収の安定化をもたらすともいえます。