宅建士は不動産取引にはかかせない、不動産のエキスパート
不動産の売買や賃貸の仲介などの不動産取引には、さまざまな専門知識が必要で、契約内容も複雑です。その取引を円滑に進める役割を担うのが宅建士というわけなのです。宅建士の独占業務として法律で認められているのは、以下の3つです。

①重要事項の説明
不動産の買主・借主が取引物件の状態や支払条件などに対して、正しい判断ができるよう、事前に重要事項をまとめ、その物件についての情報を十分に説明します。

②重要事項説明書への記名・押印
重要事項説明書に記載されている内容に間違いがないかを確認して、記名・押印をします。

③契約書面への記名・押印
契約内容を確認して、契約締結の際に契約書への記名・押印をします。